日記

魔の道路

ご無沙汰しておりました・・。

今日ね、いやあの、すんごくドメスティックでほとんどの人にはどうでもよくて、すっとばしちゃって!って感じの話で恐縮なんですけど。

 

今日、帰り前に色々買い物をしたんですわ。

酒やらジャガイモやら、けっこう重たいものを購入していたので「積んで帰ったるわ」という店主の言葉に甘えて、箱に入れてスクーターに積んで帰ってもらうことにしたのだったがその後予想外のハプニング。キャリアに装着していたヒモがいきなり切れて箱ごと路上でぶっとんでしまったらしい(けっこう大きい道で)。店主は回収しにいこうとしたそうだが車の往来が激しいのでままならず、結局踏まれてむちゃくちゃになってすべて台無し。

最初聞いたときは腹立たしい気持ちになったのですが、その後冷静になってみると面白い発見をしたのでした。

昔から不思議だったこと。

タバコを吸う人って、買って間もないのにタバコを落としたりどっかに忘れたりしたとき、もんのすごくがっかりしたり、憤ったりしてません?

吸わない私からしたら、そんなもん買っても300円か400円くらいのもん、また買ったらええやんか、そんなにがっかりしたり怒らんでもええやん、それ以外に充分ムダ遣いしてるよって思ってた。

それが今回、その気持ちを身をもって理解したかもなのだ。

食材が色々とわやになったのだが、何が「あぁっ!」て、一番悔しかったのが酒だったのだ。

1000円かそこらの、それこそまた買えばいいじゃんっていうくらいの安い酒なのに、それが台無しになったのが何より悔しい。

思うにこれって「嗜好品」だからなんではないでしょうか?

タバコも酒も嗜好品。なしで死んでしまうものではない。

だからこそ執着も激しくなるのではないか?

そういえば店主が荷物をぶっとばした大開通り、この道では彼は交通事故にあったり、自損事故したり、キップきられたり、パンクしたり・・・とけっこう色々やらかしている。

あそこは震災時、道に大穴が開いたところ(道路が大きく陥没した)で、そのとき穴にはまって事故があったかどうかしらないけど、何かある度に、呼ばれてんじゃないの~?とは言ってたんですが、ほんと何かあったんじゃないの~?とますます思わずにいられない。

-日記

Copyright© MOTODEVIL/モトデビル , 2020 All Rights Reserved.