日記

嵐を呼ぶ女

2月29日、今週の月曜日の北海道の天候はどえらいことになっておりましたが、実は私、当日札幌に向かったのです。
26年ぶりの札幌、そりゃもう、とんでもないことになりましたことですよ。
まず私がそもそも取っていた便、神戸13:00発 札幌15:00着という便が一週間ほど前に突然休止になったため、予約を取り直すことに。一本早い便はというと朝8時発と大幅に早くなるため、せっかくの直行便はあきらめて神戸9:15発 羽田で乗り換えて札幌12:35着というものに変更。そして当日、羽田に降り立ってみるとなんと予約便は欠航との表示。手続きカウンターに行ってくれということで慌てて行ってみると、すでにそこは長蛇の列。その時点で2便の欠航が決まっていたため、列の終わりは一体どこ??ってなごったがえしように呆然としつつも並ぶしかない。同じく列に並んでいる他の人たちがてきぱきとスマホで他の航空会社の札幌便を押さえてゆく姿を横目に、ケータイを持ってない私は不安な気持ちでいっぱいになりながら、じっと待つこと2時間半。何とか16:55発の便が取れたが、それで安心というわけではなさそうで、他の便もそうだったが札幌上空の天候状態によっては着陸できずに羽田に引き返すこともあるらしい、でもそうなったらもう仕方がない。そのときはそのときのことだ。とにかくお腹が減ったのでご飯を食べることにする。もちろんビールも注文。瓶ビールはキリン、アサヒ、サッポロとあった。いつもならキリンを注文するのだが、あぁ本当なら今頃はもう札幌に着いてるはず・・との思いで、ここはやはりサッポロを注文。
その後さらに3時間ほどやり過ごし、いよいよ搭乗口に。
すると16:55発のはずが18:10に変更。 その後さらに18:20に変更。 もう驚かないよ、あたしゃ。こうなったら飛んでくれるだけでも御の字だ。
・・・いや、それでは済まないんだった、飛んだうえで新千歳空港に着陸してくれねば。
祈るような気持ちの私を乗せて、搭乗機は無事着陸。 飛行中、機体は大いに揺れて、どうなることかと思ったけれど。
結局その日、宿泊予定のホテルに到着したのは午後10時。
もうグッタリ。
そうして翌日、天候は予報どおりの大荒れ。
新千歳空港は大混乱。
何でも昨日から数年ぶりの暴風雪らしい。TVのニュースでは雪に埋もれて亡くなった人もいるらしい。危険なので用がないのなら外には出るなとのこと。
・・・昨日飛んどいてよかった!!
守られてる感に包まれて、部屋の窓からほくほくと外を眺めるのだった。外に出るなって、こんな天気で出たいわけないじゃん! 昨夜買っといてよかった!と前日、ホテルのすぐ近くのファミマで買ったビールを飲みながら一日中部屋の中で過ごしたのだった。
夜になってさすがにお腹が減ったので、ホテルの目の前にあった焼き鳥屋へ。
今回の札幌行きは、古くからの友人に会うためであったのだが、せっかくなので食べ物に関しては楽しみにしていたところもなきにしもあらずな私であったが、結局食べたのは、ど~ってことない、どこで食べても一緒ちゃう?ってな感じの焼き鳥。ふつうのヤキトリ。
26年ぶりの札幌がまさかの数年ぶりの暴風雪。
♪おいらはドラマ~、やくざなドラマ~♪
焼き鳥屋に向かいながらやけくそで歌うしかない私であった。
 

-日記

Copyright© MOTODEVIL/モトデビル , 2021 All Rights Reserved.