日記

鈴チューニング

これは当店で販売しているベル・チャーム。もっとたくさんあったのですが現在残っているのはこれだけ。7個です。
各500円。
 以前アメリカにてクラシックバイクのショー&スワップミートに行った際「これはバイク乗りがつけるラッキーチャームなんだよ。」ということで仕入れたベル・チャーム、数も少なかったため、あっという間に完売してしまったのでしたが、前回アメリカに行ったときに再び仕入れました。
前のやつとは形も大きさも若干違いますが。
それよりも気になるのは「音」。
風鈴じゃないんだから「チリン チリ~ン♪」と日本古来の風雅、且つ涼やかな音色を期待しているわけではありませんが、一応ベル、つまり鈴なのに振ったときのこの「・・ペチ ペチ。」という作り手の投げやりな態度まで感じられるようなやる気のない音はどうなのよ。
「チリン チリ~ン♪」とは言わない、せめて「チリン チリン」くらい言ってほしいもんだわさ。
そこで店主登場。
ベルの構造・形状をチェックし、あれこれいじくった結果、
おぉ、お見事。
「チリン チリン♪」と涼やかに鳴っているではありませんか。

右がチューニング前、左はチューニング済みのものです。
というわけで鈴・チューニング、始めました。
要チューニングの鈴をお持ちでお困りの方、ぜひお持ち下さい。
・・おるわけないか。

 

-日記

Copyright© MOTODEVIL/モトデビル , 2020 All Rights Reserved.