日記

頭いいのか器用なのか

お盆休みは皆様いかがお過ごしでしたか?
モトコー3キューフェスタ・かき氷バージョンも盛況のうち終了したようです。お越しくださった方、少しでも楽しんでいただけたのであれば幸いです。これを機にこれからもモトコーに遊びに来てくださいませ。来ていただけなかった方もいつでもお越しくださいませ。お待ち申し上げております。かき氷はありませんが、誠意はもう溶けそうなほどありますことよ。
わたくしも一日お休みをいただきました。思いきり飲んだくれて(いや、実際はそれほどでもない)ええかげんにせいとこの年になって親に怒られてしょぼんとしてみたり、それでもしらふのときに、というか朝、家に来た郵便局の鈴木さんがヴィンテージジーンズを昔買って穿いてないけど未だに持ってるというのを聞いて、じゃぁちょーだい!と無茶なこと言って困らせてみたりと、とてもくつろいだ休日であったのでありました。
ところで、店主にはかねてより不満に思っていたことがあるそうです。
たとえば、物理学を研究しているとか、遺伝子工学をやってるとか、8ヶ国語に堪能であるとか、漢検一級とったとか、弁護士試験に一発で合格したとか、東大医学部に現役で合格とか、そんなんを聞くと私のような凡人は「うわぁ、あったまイイんだ!」と素直に思ってしまう。
しかしこれがたとえば、大工仕事が大の得意でイスやらテーブルやら柵やら家やらを上手に作ることができるとか、編み物が上手でさらにミシンも使いこなしてテーラー並みに服をも仕立てることが出来るとか、機械いじりが得意とか、ガラス細工をつくるのが上手とか、魚釣りのエキスパートであるとか、そんな人に同じように「うわぁ、あったまイイんだ!」という賞賛の言葉がまず、出るだろうか。
見事な切り絵をつくった人に「頭いいんですねぇ!」とまず、言うだろうか。
否だろう。
大工仕事だっていろいろ計算しなけりゃならんのだ、アホだったら出来るわけない。
他のことも同様だ。何も考えずに服つくったり、ガラス細工つくったり、なんて出来るわけないのだ。
なのにこのような人々は「頭いいんだねぇ」ではなく、「器用なんだねぇ」という言葉でもって賞賛されるのである。
それがどーした、って感じなんだが店主にはこのことが大いに不満であるらしい。
物理学の研究者も、8ヶ国語に堪能な人も、大工も、修理工も、好きでそれに邁進しているうちにその道のプロフェッショナルになってしまったという意味では一緒ではないかというのが店主の言い分である。
う~む、一理あるか。
でも「器用なんだねぇ。」 それでいいじゃんって思うのだが、そうではないという人がここに約一名。

-日記

Copyright© MOTODEVIL/モトデビル , 2022 All Rights Reserved.