日記

蜂と犬

ここ数日店主は、ヴェスパとダックスにかかりきりです。
VESPA、そういえばここのブログで登場する率が高いような・・・。特にVESPAマニアというわけでもない店主なのに。
でも、だってカワイイじゃないですか!(カワイイ・・・なんて軽薄な響きの言葉なんでしょうか・・・)不本意な形容ながらも、やっぱりヴェスパはいいですよね、古いやつは。
店主に言わせると「最新のやつとP以外はなんでも好き、もちろん東南アジアのでも。」だそうで、でもってそれを、ふっつ~うに乗るのが好みだそうで。要す るに、「ヴェスパ=オッシャレー!」みたいなのが気にくわんらしい。本国イタリアでは日本のカブみたいな存在・・かどうかは知りませんが、少なくとも「オ シャレな輸入車」ではもちろんないですよねぇ、とにかく普通に商用車みたいに乗るのが好みらしいです。
よって、今回入ってきたヴェスパも塗装するにあたって、たまたまあったから、というだけの理由でねずみ色で塗りだしました。サフェイサーの色じゃないです、「ねずみ色の塗料」です。
・・・ねずみ色って、どうなん。
でもたまたま来て、それを見て一目で心を奪われてしまい、今まで大して興味なかったはずなのに、ヴェスパ熱がいきなりMAX!
・・・となった方も二、三名おります。
いやはや・・・。

そしてダックス。
限定車のホワイトダックス(二代目)です。
実は、この車両はずいぶん前にうちから出ていったものなのですが、この度何年ぶりかに店主の執念によって帰ってまいりました。
このダックスは、クルクルハンドルを回してフレームとフロントフォークを分離できるもので、小さな車でも積み込みやすい、というのが売りでした。
エンジンは人気の70ですが50に積み替えてあったので、カブの70エンジンに積み替えまして、当然それを機に12V化するつもり。ボディもオールペンし たいところですが、せっかくのオリジナルペイントですのでタッチアップにてのリカヴァー&ポリッシング。このへんの古いホンダ車両にはついつい兜フェン ダーを付けたくなってしまう方もおられましょうが、あえてこれはノーマル・オリジナルのままのフェンダーを磨きたおすという仕上げにするそうです。
最終的に、ぱっと見にはオリジナル?というのが今回の狙いだそうです。

-日記

Copyright© MOTODEVIL/モトデビル , 2021 All Rights Reserved.