日記

ブラボー!日系航空会社

ゴールデンウィークも終わりまして、わたしはようやく体調が元に戻りつつあります。
仕入れから帰ってきてからずっと、毎日夕方6時頃になるとものすごく眠くなり、そのまま睡魔と闘いながら帰宅して家事を済ませ、半分寝ながら犬の散歩をして、その後風呂にも入れずにベッドに倒れこむ、という状態だったのですが、やっと元通りになりつつあります。
これっていわゆる時差ぼけというものだったのですね。アメリカへは何度も行っているのに、時差ぼけにはまともになったことがなかったうえ、しかもこんなに長引くのも初めてなので、そうとは気づきませんでしたが、それは今回の滞在期間が長かったからですよ!と友人に指摘されました。
なるほど。そうか。
そういえば今回は旅行期間もいつもより長めだったうえ、飛行機に乗って移動している時間と行動している時間も長かった。

いつもなら関空から飛んでデトロイトで一度乗り換えて現地到着。到着時間は大体いつも夕方近くなので、ちょこちょこっと仕事して、あとはモーテルにチェックイン、というスタイルだったのですが、今回は伊丹発でまず成田へ。成田からシカゴでまた乗り換えてようやく現地到着。乗換えが増えたものの、出発便の朝が早くなったので現地到着もお昼ごろという早さ。これは好都合とみっちり仕事してからチェックイン。
もちろん帰りも同様でして、とにかく行動している時間が長かった。
結構疲れましたが、その疲れも大きく緩和された要因があります。
それは、今回はANAで行ったからです!
さすが日系企業、サービスは申し分なし!
いつもはあの悪名高き某アメリカ系航空会社を利用していて、エコノミークラスの客など人とも思ってないような仏頂面の客室乗務員にすっかり慣れてしまっていたせいか、ANAの客室乗務員の方々がまるで天使のように見えたものでした。
しかもうれしかったのは、機内でのアルコールが無料だったこと。その某航空会社では何年か前から、国際線でも機内でのアルコールは有料となり、缶ビールでも一缶につき5ドル支払わなければいけなかったのです。5ドルってぼったくりやな!と憤慨しつつも飲まないではおられず毎回お金を払って飲んでたので、今回もお金を用意して注文しようとしたら、なんと無料ではないですか。
しかもしかも飲み終わりそうになったら、こっちが言う前に「おかわりはいかがですか?」
TVコマーシャルや宣伝広告の写真と変わらない完璧なスマイルと共に訊いてくれるではないですか。

・・・ありえない・・ありえない・・・、某航空会社では。
おかわりしても忘れられるのが常なのに。
機内だっていつものあのぼろぼろの機体でなく、とてもきれいで快適。
あーもう、日系の航空会社以外乗りたくなーい!!と思ったことでした。
当然です。

-日記

Copyright© MOTODEVIL/モトデビル , 2021 All Rights Reserved.